所属 文学部
職種 教授
氏名 春日 作太郎
(KASUGA SAKUTAROU)
大学院における研究指導担当資格の有無
学歴・学位 筑波大学大学院教育研究科修士課程修了 (学位)教育学修士
専門分野 臨床心理学(表現カウンセリング)
研究テーマ 幼少期における親子関係不全を背影とし、自己不全感・情緒不安定・養育行動不全等を訴える青年・成人に対する小集団での表現活動を交えた処遇による情緒の安定と適応行動の向上についての現象記述的研究。
T 研究活動(芸術分野や体育実技等の分野も含む)
著書・論文等の分類 著書・論文等の名称 単・共著の別 発行又は発表の年月(西暦) 発表書・雑誌(巻・号数)等の名称及び発行所・会場等 編者・著者名(共著の場合のみ記入) 該当頁数
(P〜P)
発表 役割演技と表現活動を用いた自助グループによる男子大学生の当事者研究――スーパーヴィジョンを交えた相互支援の事例―― 2018年 9月 日本カウンセリング学会第51回大会
松本大学
発表 心理職支援における竹内レッスンを応用した「からだのレヴェルで話を聞く」意義――自主企画で共有されたもの―― 2018年 9月 日本人間性心理学会第37回大会
人間環境大学岡崎キャンパス
その他 【書評】今、教員養成大学に求められるもの
大田堯自撰集成1『生きることは学ぶこと─教育はアート』
2018年 3月 『演劇と教育』2018年3+4月合併号  通巻702号
出版:晩成書房
編:日本演劇教育連盟
発表 対人場面における「通じる」ことに及ぼす主体としてのからだの有り方――竹内敏晴の「共生態」の視点から―― 2017年 9月 日本人間性心理学会第36回大会
東海学園大学  名古屋キャンパス
論文 発達障害傾向の小4男子のいじめられに関する 臨床心理技法を応用した学級経営と個別補習による指導 ―担任教師とカウンセラーの連携による学級全体の健全化― 共著 2017年 3月 都留文科大学大学院紀要21集 春日作太郎、上嶋洋一 pp.131-149
論文 小学4年生通常学級への対人関係ゲームの応用による学級の対人構造および関わり行動と感情表出行動の変容:周辺児の学級適応を指標とした事例 単著 2017年 3月 都留文科大学研究紀要第85集 pp.15-31
論文 臨床心理技法を導入した短期大学生のピアノ演奏初心者指導事例 :心理技法の教科教育への応用のための試験的研究 共著 2016年10月 都留文科大学研究紀要84集 春日作太郎、津里永子 pp.19-35
発表 【自主企画】からだのレェヴェルから見た「話を聴く」こと――世に働くすべての人々に心理学者は何が出来るか楽しみながら模索するためのレッスン―― 2016年 8月 日本人間性心理学会第35回大会
九州産業大学
論文 入学当初の履修申請と時間割作成に関する指導におけるシュミレィト法の効果の検討:クラス担任による試験的研究 単著 2016年 3月 都留文科大学研究紀要83集 pp.21-29
論文 教科教員の生活ガイダンス的指導への 当事者参加による内因性鬱学生の効力感の回復:効奏事例についての試験的研究 単著 2016年 3月 都留文科大学大学院紀要20集 pp.85-101
発表 虚無感に悩む学生が亡祖父との心の対話を経た変容過程と自助表現活動――当事者研究の紹介―― 2015年 9月 日本人間性心理学会第34回大会
聖カタリナ大学
発表 女子学生の友人に援助を求める行動の変容に及ぼす表現技法を交えた自助活動の効果――大学生の当事者研究―― 2015年 8月 日本カウンセリング学会第48回大会
環太平洋大学  第1キャンパス
発表 表現活動を用いた当事者研究自助グループによる大学生女子の対人行動の変容 2014年10月 日本人間性心理学会第33回大会
南山大学
発表 【自主企画】「絵によるフォーカスング」とからだ――竹内レッスンの「からだ」とイケダ自然体操をヒントにした体験の場―― 2014年10月 日本人間性心理学会第33回大会
南山大学
発表 女子学生の社会的後退行動の変容に及ぼす表現技法を用いた当事者研究――学生同士の表現活動の運営に対するスーパーヴィジョン―― 2014年 8月 日本カウンセリング学会第47回大会
名古屋大学  東山キャンパス
発表 【自主シンポジウム】ミニ・ワーク:絵によるフォーカシング――リラッスとからだの感じで描く体験の場―― 2014年 8月 日本カウンセリング学会第47回大会
名古屋大学  東山キャンパス
発表 役割演奏法・フォーカシング・自己観察による大学生の自助活動に関する効力感の向上――学生同士の表現活動の運営に対するスーパーヴィジョン―― 2013年 8月 日本カウンセリング学会第46回大会
東京電機大学  埼玉鳩山キャンパス
論文 「対人場面で自分が出せない」と訴える男子大学生の気づきと行動変容の過程:大学生の自主グループに参加した事例の報告 共著 2012年 3月 都留文科大学大学院紀要16集 森田成美、春日作太郎 pp.115-132
発表 表現活動を用いた大学生の対人行動の変容――描画・クラフト・歌唱を交えたロールプレイの会―― 2011年 9月 日本カウンセリング学会第44回大会
上越教育大学
春日作太郎、森田成美
論文 施設居住老人のQOLの向上に及ぼすクイリエイティヴ・ムーヴメントの効果の検討:号令による指導との比較を通じた試験的研究 共著 2011年 3月 都留文科大学研究紀要73集 春日作太郎、添田慶子 pp.1-8
発表 大学生の自己理解の深まりに及ぼすピアグループの効果の検討 2010年 9月 日本人間性心理学会  第29回大会
熊本大学
春日作太郎、森田成美、上嶋洋一 pp.110-111(発表要旨集)
発表 大学生のピアグループにおける体験の深まりに及ぼす世話人の自己一致の影響 2010年 9月 日本人間性心理学会  第29回大会
熊本大学
森田成美、春日作太郎 pp.112-113(発表要旨集)
発表 からだの感じにまかせてクレパスを走らす―職場や学校でストレス解消― 2010年 9月 日本人間性心理学会第29回大会
熊本大学
pp.24-25(発表要旨集)
発表 【自主企画】大学生の卒論指導に当事者研究のワークシートを応用した例 単著 2010年 9月 日本人間性心理学会  第29回大会
熊本大学
pp.10(発表要旨集)
著書 こころのケア−臨床心理学的アプローチ− 共著 2010年 5月 学術図書出版社 池田勝昭、目黒達哉  他 pp.90-119
カウンセリングと心理療法
その他 【感想】「授業で生かす演劇的活動のチカラ」を読んで
『演劇と教育』連載(2009年1月-10月)『生きることは学ぶこと─教育はアート』渡辺貴裕
単著 2009年11月 『演劇と教育』2009年11月号  通巻619号
晩成書房
発表 祖母をみとった学生の箱庭自助グループ体験――分析・解釈を行わないピア・グループ体験事例―― 2000年 8月 日本カウンセリング学会第33回大会
久留米大学
芸術・体育実技等分野の活動
U 教育活動
1 教育内容・方法の工夫(担当科目及び授業評価の実施等を含む)
授業科目ごとに、自習プログラム・課題・小グループ発表・ロールプレイ・マイクロティーチング・視聴覚教材の導入等の教育方法の工夫を行いつつ、小テスト・体験メモ・レポート等の組み合わせにより形成的評価を行った。それと同時に、心理学的評価方法により学生の体験の質的側面からの自分の授業を評価する資料ともしている。
(学部)教育心理学、人格心理学、社会心理学、障害児心理学、児童臨床心理学、カウンセリング、臨床心理学演習、教育心理学実験、教育実習事後指導、卒業論文指導、心理学関連教養科目など
(大学院)臨床心理学実習、
2 作成した教科書 、教材、参考書
V 学会等及び社会における主な活動(所属学会等を含む)
日本人間性心理学会、日本カウンセリング学会、日本学生相談学会、日本精神衛生学会
学会奨励賞・日本カウンセリング学会(1996年〜)
日本人間性心理学会第29回大会  学会発表座長(2010年9月)
東京臨床心理士会スーパーバイザー(2006年〜)、東京臨床心理士会「こころの健康電話相談」カウンセラーボランティア(2010年)
府中梅の木会(精神科患者の家族の会)勉強会講師2008.10〜2010.9までに7回
府中「月曜電話相談の会」事例検討会講師2004.4〜2009.9まで11回
三多摩学校のいじめ職場
W 学内での活動(役職及び各種委員等)
共通教育会議委員(2004〜2008年度)、教養教育運営委員(2004、2005、2008年度)、付属図書館運営委員(2007、2008年度)、紀要編集委員会委員(2008年)、保健管理委員(2005年度)、保健センター運営委員(2009年度〜)