所属 英文学科
職種 教授
氏名 OLAGBOYEGA,Kolawole Waziri
(OLAGBOYEGA Kolawole Waziri)
大学院における研究指導担当資格の有無
学歴・学位 2000, The University of Sheffield, PhD in English and Applied Linguistics; 1994, University of Cambridge, MPhil. in English and Applied Linguistics; 2003, University of Greenwich, PGCE in Post-Compulsory Education and Training.
専門分野 English and Applied Linguistics
研究テーマ Grammar; World Englishes and Language Teaching
T 研究活動(芸術分野や体育実技等の分野も含む)
著書・論文等の分類 著書・論文等の名称 単・共著の別 発行又は発表の年月(西暦) 発表書・雑誌(巻・号数)等の名称及び発行所・会場等 編者・著者名(共著の場合のみ記入) 該当頁数
(P〜P)
論文 The teaching of Advanced Reading and Writing Skills.  単著 2017年12月 In Tsuru Language Education, Learning Without Limits, Volume 2, p pp. 46-61.
著書 English Language: Structure, Varieties, Social Contexts and Learning 単著 2017年 3月 Yamanashi Gakuin University. 
発表 “Pragmatic Ability in an Immersive English Program” 

(with Profs. Vahid Rafieyan and 
William Rozycki)
2016年11月
論文 Application of Thematization and Staging to Language Teaching 単著 2016年10月 山梨学院大学
Language and Cross-Cultural Communication Studies

Vol. 1



山梨学院大学
International College of Liberal Arts

pp. 88-92
論文 How Standard is “Japanese English”? A Descriptive Grammar of Prepositional Constructions in the English Written by Educated Japanese 単著 2016年10月 山梨学院大学
Language and Cross-Cultural Communication Studies

Vol. 1


山梨学院大学
International College of Liberal Arts
pp. 10-21
論文 Second Language Acquisition
-A Case Study of the Central Constructs of the Socio-Cultural Theory-
単著 2015年 7月 山梨学院大学『法学論集』

76号



山梨学院大学
法学部
pp.143-165
発表 “Japanese English”
Structure of the 
Prepositional Phrase
2015年 7月 Presentation at the 21st International Association for Intercultural Communication Studies  (IAICS) 

Conference in 
Hong Kong
論文 The Language “Noticing” Hypothesis – Towards Effective Teaching Methods in Japan 単著 2013年10月 秋田大学工学資源学部研究報告  

34号



秋田大学工学資源学部
pp.29-35
発表 “Japanese English”
Structure of the 
Prepositional Phrase
2013年10月 Presentation at the 19th International Association for Intercultural Communication Studies  (IAICS) 

Conference in 
Vladivostok

ロシア
著書 Communicative Grammar for High School and University Students. 単著 2013年 1月 Akita International University.
論文 English Language Teaching in Elementary Schools in Japan-The Case for an Integrated Curriculum 単著 2012年12月 AIU global review 

Vol.4



国際教養大学出版会
pp.20-38
論文 The Communicative Approach to Language Teaching: Some Strengths and Weaknesses 単著 2012年10月 秋田大学大学院工学
資源学研究科研究報告

33号



秋田大学大学院工学
資源学研究科
pp.17-23
論文 ”Japanese English”: A Descriptive Grammar of the Structure of the Verb Phrase 単著 2012年 6月 Intercultural Communication Studies

Vol.21, No.1



University of Rhode 
Island, International 
Association for 
Intercultural 
Communication Studies
pp.240-254
発表 Japanese English”
Structure of the Verb Phrase
2011年11月 全国語学教育学会
(JALTs)

国立オリンピック記念青少年総合センター
論文 English as an International Language-Is EIL Natural, Neutral and Beneficial in Japan? 単著 2011年10月 秋田大学大学院工学
資源学研究科研究報告

32号



秋田大学大学院工学
資源学研究科
pp.7-13
論文 ”Japanese English”: a descriptive grammar of the nominal phrase of educated written English in Japan 単著 2010年12月 AIU global review 

Vol.2



国際教養大学出版会
pp.187-213
論文 The Social Construction of Literacy-A Case Study of Literacy Practices in the UK. 単著 2010年10月 秋田大学大学院工学
資源学研究科研究報告

31号



秋田大学大学院工学
資源学研究科
pp.9-20
発表 “Japanese English”: A Descriptive Grammar of the Structure of the Verb Phrase 2010年 6月 Presentation at the 16th International Association for Intercultural Communication Studies  (IAICS) 

Conference in 
Guangzhou

中華人民共和国
著書 われら地球家族一度は経験したい国際体験・入門編 共著 2009年10月 遊行社 編著:坪井ひろみ
共著者:伊藤英、伊藤晴美、打矢佳彦、菊地格夫、佐々木基了、齋藤晋、武内伸文、坪井ひろみ、樋口和彦、松田聡、渡部登志子、渡部光哉、渡邊義人
pp.14-15、pp.86-87、pp.22-23、pp.54-55、pp.114、pp.62
発表 “Japanese English”: Structure of the Noun Phrase
「再報告」
2009年 9月 International Association
for Intercultural
Communication Studies(IAICS)

熊本学園大学
論文 World Englishes and 
globalization: an overview of models and paradigms
単著 2009年 3月 AIU global review

Vol.1



国際教養大学出版会
pp.49-61
発表 “Japanese English”: Structure of the Noun Phrase 2008年12月 International Conference on English in Southeast Asia
(ESEA 2008)

Nanyang Technological University

シンガポール
論文 The Effects of Dyslexia on Language Acquisition and 
Development
単著 2008年10月 秋田大学工学資源学部研究報告  

29号


秋田大学工学資源学部
pp.23-27
論文 Varieties of Modern English Language 単著 2007年10月 秋田大学工学資源学部研究報告  

28号


秋田大学工学資源学部
pp.37-47
芸術・体育実技等分野の活動
U 教育活動
1 教育内容・方法の工夫(担当科目及び授業評価の実施等を含む)
“Intercultural Communicative Language Teaching Method”
My English language teaching practices employ an inter-cultural and communicative approach, which offers opportunities for contextualized, cooperative language acquisition, and so assists learners in becoming effective speakers, listeners, readers and writers. My English language teaching is, therefore, interactive and has an eye on the culture and civilization of the target peoples, in this case, the Japanese. This I accomplish by creating authentic situations with the language, making it real, content-based, using facts and the processes of life. 
(Intercultural Communicative Language Teaching Methodを用いて学生を指導した。学生は自分たちにとって意味のある文脈において、協力しながら言語を学び、効果的に読み・書き・聞き・話す能力を伸ばす。この英語教授法はインタラクティブであり、対象となる学習者の文化と文明(この場合は日本人)に着目する。事実と生活に基づき、実際の言語を取り巻く状況を作り出すことでこの方法を実現している。)
2 作成した教科書 、教材、参考書
『Communicative Grammar for High School and University Students (ISBN:978-4-9906961-0-8)』(国際教養大学)

Various handouts on teaching methods, second language acquisition, writing skills, etc.
教授法・第二外国語習得法・ライティング技能等の配布物を数多く作成。
V 学会等及び社会における主な活動(所属学会等を含む)
1993年11月  〜 現在:Fellow of the Cambridge Commonwealth Society, UK
2001年  6月 〜 2005年5月: EDEXCEL Key Skills National Moderator, responsible for assessing Key Skills achievements for many Colleges of Further Education in the UK, UK
2007年      〜  現在:JALT;Japan Association for Language Teachers (全国語学教育学会)
2009年      〜  現在:International Association for Intercultural Communication Studies(IAICS)
2018年〜  現在   Reviewer for the International Journal of Languages, Literature and Linguistics
W 学内での活動(役職及び各種委員等)
Member of the Study Abroad Steering Committee
Conduct classes on Open Campus events