所属 国際教育学科
職種 講師
氏名 山辺 恵理子
(YAMABE ERIKO)
大学院における研究指導担当資格の有無
学歴・学位 東京大学博士(教育学)
専門分野 教育学、教育の倫理、教師教育学
研究テーマ 教育における倫理、リフレクション(省察)、修復的正義、教師教育者の専門性発達
T 研究活動(芸術分野や体育実技等の分野も含む)
著書・論文等の分類 著書・論文等の名称 単・共著の別 発行又は発表の年月(西暦) 発表書・雑誌(巻・号数)等の名称及び発行所・会場等 編者・著者名(共著の場合のみ記入) 該当頁数
(P〜P)
著書 『リフレクション入門』 共著 2018年12月 学文社 坂田哲人、中田正弘、村井尚子、矢野博之、山辺恵理子(共著)
著書 『リフレクション大全』 共著 2018年12月 学事出版 石川晋(編集)
論文 「ケースメソッドと教育哲学」 共著 2018年 5月 『教育哲学研究』教育哲 学会、第117号 pp.105-111
論文 Globalization in Japanese education: T-SAP as a catalyst in preparing “ignorant” teachers that can be accelerators rather than obstacles for learning 単著 2018年 3月 "Global Educator" 都留文科大学 国際教育学科 平成29年度 重点領域研究 報告書 14-20
発表 ラウンドテーブル「ケースメソッドと教育哲学」 共著 2017年10月 教育哲学会第60回大会 丸山静香ら
著書 『専門職としての教師教育者:教師を育てるひとの役割、行動と成長』(翻訳) 共著 2017年 9月 玉川大学出版会 武田信子(監訳)、山辺恵理子(監訳)、森山賢一、入澤充
著書 『人材開発研究大全』 共著 2017年 4月 東京大学出版会 中原淳(編)、伊勢坊綾、今城志保、尾形真実哉、国保祥子、齊藤光弘、島田徳子、山辺恵理子、他 pp.685-704
著書 『ひとはもともとアクティブ・ラーナー!:未来を育てる高校の授業づくり』 共著 2017年 3月 北大路書房 山辺恵理子(編著)、木村充(編著)、中原淳(編著)
論文 Missing Pieces in the Japanese Argument on "Zero Tolerance" Policies in Schools 単著 2017年 3月 Teacher Education Research: Journal of the Center for Teacher Education Research pp.1-14
著書 『インタラクティブ・ティーチング:アクティブ・ラーニングを促す授業づくり』 共著 2017年 2月 河合出版 栗田佳代子(編)、日本教育研究イノベーションセンター(編)、市川桂、小原優貴、山辺恵理子、中村長史、川瀬和也、他 pp.105-118
著書 『アクティブ・ラーナーを育てる高校』 共著 2016年12月 学事出版 中原淳(編)、下町壽男、木村充、山辺恵理子、他 pp.157-159, pp.163-168
著書 『修復的正義の諸相―細井洋子先生古稀祝賀』 共著 2016年 7月 成文堂 西村春夫(編)、高橋則夫(編)、黒澤睦、小長井賀與、長谷川裕寿、宿谷晃弘、山辺恵理子、他 pp.229-246
論文 規範をつくり直す:共同的省察プロセスとしての修復的正義と教師 単著 2016年 1月 東京大学大学院教育学研究科、博士学位請求論文
著書 『教師教育:いま、考えるべき教師の成長とは?』 共著 2015年 2月 さくら社 上條晴夫(編)、武田信子、秋田喜代美、久冨善之、山辺恵理子、他 pp.182-187
著書 『ケアと人権』 共著 2013年10月 成文堂 宇田川光弘、河合正雄、宿谷晃弘、竹原幸太、堤英俊、山辺恵理子、他 pp.3-6
論文 資質と能力の不可分性について:「教員の資質能力」向上の議論の特徴と課題 単著 2013年10月 日本教師教育学年報、
第23号
pp.148-158
著書 『教師のリフレクション(省察)入門:先生がステップアップするための教員研修』 共著 2012年12月 学事出版 上條晴夫(編)、矢野博之、武田信子、山辺恵理子、他 p.33-41
論文 修復理論における「正義」概念:関係性の構築と修復に主眼を置いた教育実践をめぐる議論を手掛かりに 単著 2012年 3月 東京大学大学院教育学研究科紀要、51号 pp.63-70
論文 子どもに「声を与える」こども環境としてのコミュニティの役割:イギリス・ハル市における修復的実践を題材 単著 2011年 9月 こども環境学会誌、こども環境学会、Vol.7、 No.2 pp.45-51
論文 オランダと日本の教師教育の比較及び検討 共著 2011年 5月 武蔵大学総合研究所紀要、武蔵大学総合研究所、21巻 pp.24-28
論文 「修復的であること」という目標が学校にもたらし得るもの 単著 2011年 3月 雑誌『共生と修復』、共生と修復研究会、1号 pp.10-14
論文 修復的正義から「修復的実践」へ:「修復的」であることの教育的意義の探求 単著 2010年 6月 研究室紀要、東京大学大学院教育学研究科基礎教育学研究室、36巻 pp.73-78
著書 『教師教育学:理論と実践をつなぐリアリスティック・アプローチ』(翻訳) 共著 2010年 3月 学文社 武田信子(監訳)、鈴木悠太、今泉友里、山辺恵理子
芸術・体育実技等分野の活動
U 教育活動
1 教育内容・方法の工夫(担当科目及び授業評価の実施等を含む)
2017年3月  武蔵大学 学生が選ぶベストティーチャー賞  受賞
2 作成した教科書 、教材、参考書
V 学会等及び社会における主な活動(所属学会等を含む)
W 学内での活動(役職及び各種委員等)
2017年度より、教員養成カリキュラム委員会、教職支援センター運営委員会、介護等体験指導委員会、入試選考委員会など