所属 英文学科
職種 教授
氏名 Hamish Gillies
(HEIMISSHU GIRIZU)
大学院における研究指導担当資格の有無
学歴・学位 2004年, Macquarie University 豪州マッコーリ大学大学院, MA 修士, Applied Linguistics (TESOL) 応用言語学(言語教育); 2000年, Oxford University 英国オックスフォード大学, MA 修士, Classics古典学.
専門分野 Applied Linguistics (TESOL) 応用言語学(言語教育)
研究テーマ TESOL(言語教育), Motivation in language learning and teaching(言語教育における学習意欲), British Culture(英国文化)
T 研究活動(芸術分野や体育実技等の分野も含む)
著書・論文等の分類 著書・論文等の名称 単・共著の別 発行又は発表の年月(西暦) 発表書・雑誌(巻・号数)等の名称及び発行所・会場等 編者・著者名(共著の場合のみ記入) 該当頁数
(P〜P)
著述 Eスペース 単著 2015年10月 都留文科大学創立60周年記念誌 : 未来へのヴィジョン. 都留文科大学(都留) 50-51
論文 Researching Complex Dynamic Systems: Retrodictive Qualitative Modelling in the Japanese EFL Classroom 単著 2014年10月 都留文科大学研究紀要80号. 都留文科大学(都留) 59-70
著述 A Review of the book Autonomy in language learning: Stories of practices 単著 2013年10月 Independence, Issue 59. Canterbury: IATEFL LASIG. 42-43.
著述 A Review of the book Autonomy in language learning: Advising in action 単著 2013年10月 Independence, Issue 59. Canterbury: IATEFL LASIG. 40-41
著述 A Review of the book Autonomy in language
learning: Opening a can of worms,
単著 2013年10月 Independence, Issue 59. Canterbury: IATEFL LASIG. 38-39
発表 Meeting the need: Assessing the self-access language learning needs and aspirations of university students with a view to institutional innovation 単著 2012年 5月 教授会. 都留文科大学(都留)
論文 Crisis and Transformation in Language Learning Motivation: Applying a Complex Dynamic Systems Theory Approach 単著 2012年 3月 In W. Jackson et al. (eds.) Crisis, Rupture, and Anxiety: An Interdisciplinary Examination of Contemporary and Historical Human Challenges. Newcastle: Cambridge Scholars Publishing. 154-174
論文 Meeting the need: Assessing the self-access language learning needs and aspirations of university students with a view to institutional innovation 単著 2012年 3月 言語教育の研究6号、都留文科大学外国語教育研究センター. 都留文科大学(都留) 21-52
論文 Motivation in SLA: Selecting an Appropriate Framework for Teachers 単著 2011年 3月 神田外語大学広報 23号. 神田外語大学(千葉) 251-267
論文 Sounds good on paper: Creating a listening & writing course for third year non-English majors 共著 2010年12月 広島文教女子大学広報 45号.  広島文教女子大学(広島) 59-68
論文 Listening to the learner: A qualitative investigation of motivations for embracing or avoiding the use of self-access centres 単著 2010年12月 Studies in Self-Access Learning, Vol.1, No. 3.  189-211
論文 Four teachers looking for a lesson: Developing materials with Lesson Study 共著 2010年11月 In B. Tomlinson & H. Masuhara (eds.) Research for Materials Development in Language Learning. London: Continuum. 237-250
発表 Discovering pathways for self-motivation 共著 2010年11月 Paper Presentation at JALT Conference 2010. (名古屋)
発表 Crisis and transformation in language learning motivation 単著 2010年 9月 Paper Presentation at the University of Salford, UK, Interdisciplinary Postgraduate Conference: ‘Crisis, Rupture and Anxiety’. Manchester, UK
論文 A closer look at motivation, demotivation, & autonomy 単著 2009年12月 言語教育における報告書 2号.  神田外語大学(千葉). 1-13
論文 Assessing & addressing the needs of non-English-major learners 単著 2009年12月 広島文教女子大学広報 44号.  広島文教女子大学(広島) 135-144
著述 From Makuhari to Hiroshima: A teacher’s perspective 単著 2009年 1月 PeerSpectives, Vol. 2. 神田外語大学(千葉) 22-23
発表 Half-empty or half full? 共著 2008年11月 In JASAL Forum, ‘Interweaving Self-Access and Classroom Learning’, at JALT Conference 2008.(東京)
発表 Working towards a Total Learning Environment 共著 2008年11月 Poster Presentation at JALT Conference 2008.(東京)
論文 From isolation to collaboration through Lesson Study.  共著 2008年10月 In K. Bradford Watts, T. Muller, & M. Swanson (Eds.), JALT 2007 Conference Proceedings. Tokyo: JALT. 34-42
発表 Learners' voices: A closer look at learner motivation, de-motivation and autonomy 共著 2008年 2月 Colloquium at the Hong Kong University of Science & Technology 2008 International Conference: ‘Responding to Change’. Hong Kong
論文 Language, cameras, reaction: Raising awareness of L1 and L2 language choices through documentary filmmaking 共著 2008年 1月 In T. Farrell (ed.) Classroom Management. TESOL. 111-122
論文 SAL for everyone? Motivation and demotivation in self-access learning 単著 2007年11月 言語学と語学教育における研究18号. 神田外語大学(千葉) 117-137
論文 Lesson Study for Professional Development 共著 2007年11月 言語教育における報告書4号.神田外語大学(千葉). 79-85
発表 SAL for everyone? Motivation and demotivation in self-access learning 単著 2007年10月 Paper Presentation at ILA 2007 Japan Conference.(千葉)
発表 Language, cameras, reaction: Raising awareness of L1 and L2 language choices through documentary filmmaking 共著 2007年10月 Paper Presentation at ILA 2007 Japan Conference.(千葉)
発表 Learner autonomy and Lesson Study 共著 2007年10月 Paper Presentation at ILA 2007 Japan Conference.(千葉)
発表 What does self-access learning mean to Japanese university students? 単著 2007年 3月 Poster Presentation at AAAL Conference 2007. Costa Mesa, USA
発表 Lesson Study as a tool for professional development 共著 2007年 3月 Forum conducted at TESOL Conference 2007. Seattle, USA
論文 Japanese-English language mixing: Significant patterns from a case study 単著 2006年12月  Proceedings of the 13th Annual KOTESOL International Conference. Seoul: KOTESOL.  177-198
発表 Looking for the self in self-access learning 共著 2006年11月 Forum conducted at JALT Conference 2006. (北九州)
論文 A research project investigating the Japanese-English language mixing behaviour of a mixed nationality participant pair in a Japanese setting 単著 2005年11月 言語教育における報告書2号.  神田外語大学(千葉) 27-49
論文 Can a workshop program enhance a language learner’s capacity to use effective self-motivating strategies? 単著 2005年11月 言語と言語教育における研究16号.神田外語大学(千葉) 37-74
発表 Japanese-English language mixing: Significant patterns from a case study 単著 2005年10月 Paper presented at KOTESOL Conference 2005. Seoul, Korea                              
芸術・体育実技等分野の活動
U 教育活動
1 教育内容・方法の工夫(担当科目及び授業評価の実施等を含む)
2011年度の担当科目: 3年ゼミ, スピーチ, ディスカッション, LL演習, 英文講読, 基礎演習.
2012年度〜現在の担当科目: 3年ゼミ, 4年ゼミ, 卒業論文, 英作文, 英会話, 言語文化講座. 
2015: E-Space(キャンパス内にある自由英会話ラウンジ)の設立.
2 作成した教科書 、教材、参考書
2012~現在: 言語文化I・IIや英会話/英作文AI・IIの教材作成.
V 学会等及び社会における主な活動(所属学会等を含む)
2011~現在: 多数県における高等学校で出前講座の企画・実施.
2011~2014: 山梨県立国際交流センターにおいて講座の企画・実施.
2012・10, 2013・9~12: 都留文科大学市民公開講座(イギリス文化)の企画・実施.
2012・7, 2013・7, 2014・7: 山梨県小学校教員免許更新小学校英語教育講座の企画・実施.
2012・10~11: 山梨県民コミュニティーカレッジ都留文科大学代表でイギリス文化講.座の企画・実施.
2016・7: 山梨県高等学校教員免許更新高等学校英語教育講座の企画・実施.
W 学内での活動(役職及び各種委員等)
担当委員会(現在に至る): 国際交流センター運営, 英文学科英語力向上, 英文学科入試問題作成, 防災, 図書館, 研究紀要, 地域交流, 入試選考, 入試管理,  介護体験.
国際交流センターの委員として英国Oxford Brookes大学との協定交渉・成立.
英文学科の夏オーペンキャンパス三つの講座のスケジュールの企画・実施.
留学引率(University of Hawaii, Regina University, St. Norbert's College)
留学フェア担当(Rutgers University, University of California Berkeley)